最新の外壁塗装について

外壁塗装-塗装の工程 下塗り

まずは下塗りからですが、この目的は外壁塗装を材料になじませるものです。
要するに、材料と塗料の接着剤のような働きをするために行うもので、これが上手くいかないと塗膜が紙のように材料からはがれてしまいます。
例えば、下地を作るためのプライマーを塗ることもありますし、ニスを使用することもあります。
この時の動作は塗装のものと同じですから、外壁塗装のしやすさややりにくさを事前に点検するときでもあります。
ですから、この工程のときに動きにくいという場合は、改善をすることが良いでしょう。
場合によってはマスキングの必要も出てきます。
まだ下塗りの段階ですから、いろいろと試行錯誤をする外壁塗装段階でもあります。
特に初めての方は、この段階で塗装の難しさを知るといったところでしょう。