最新の外壁塗装について

外壁塗装-塗装の工程 下地作り

例えば古いモノに対して、外壁塗装をしようというのなら、下塗りをした方が良い場合があります。
その時には、下塗りの前に下地作りをしましょう。
正確で平らな面を出す、塗装したい部分を塗料を塗りやすくするために、食い付きが良い素面を作ります。
材料を全てキレイに洗っておきます。
素面を作る場合、時には研磨したり、さび落としというのは必要な時があります。
また、外壁塗装油脂が付いている場合はキレイに洗浄しなければなりません。
この工程をしなければ、あとで下からサビが出てきたり、外壁塗装が凸凹になったりしますので、塗装の範囲が広いほどていねいに行うことが必要です。
また、必要に応じては、分解をしてから塗装をするものもありますから、その素材についてしっかり計画を立ててから行いましょう。